歯科口腔外科について

ホームへ戻る >  ミネラルウォーターの使いきりボトル  > 歯科口腔外科について

歯科医院で行っている治療は虫歯や歯周病だけではありません。ほかにも口腔に関する幅広い治療を取り扱っています。そんな治療の中でも広い範囲の知識や技術が求められる行為を行っているのが歯科口腔外科です。


では歯科口腔外科ではどのような治療を行っているのでしょうか。代表的なところを挙げてみましょう。たとえば顎骨骨膜炎、歯性上顎洞炎といった炎症がかかわる病気。骨に影響を及ぼすだけに慎重な治療が求められます。


それから外傷。顎骨の骨折や歯牙の脱臼、口腔内や口周辺の裂傷といった外傷を負った場合の治療を行います。外科の仕事のようにも思えますが、口腔周辺の怪我は神経や歯にも大きな影響を及ぼすため、歯科医の役割が重要になってくるのです。

あとは顎の変形。最近顎関節症を発症するケースが子供や若い女性の間で増えているといいます。顎が変形してしまい、顔の形が左右非対称になったり、噛み合わせが悪くなったり、口をしっかりと開けることができなくなってしまった場合に治療を行います。


これら歯科口腔外科の特徴は幅広い診療科目と連携して行う必要があること。そのため外科をはじめとした診療科目が併設されている総合病院に設置されているケースがよく見られます。虫歯や歯周病と異なる理由での口腔内のトラブルに見舞われた際にお世話になるところとなるでしょう。あまり縁がなさそうだと考えず、歯科を構成する重要な診療科目のひとつとして覚えておいて損はないはずです。