おいしい水の味

ホームへ戻る >  ミネラルウォーターの使いきりボトル  > おいしい水の味

おいしい水というのは、まったくの無味無臭というわけではなく、舌触りなどに特徴があることも考えられます。とくに軟水と硬水の違いというのは、飲んだときにまったく感触が違うということもありますし、料理をするときなども出来上がりに差が出ることもあるでしょう。ですから、ただの水といっても味には違いがあるものなのだと言っていいでしょう。もちろん個人差があるものなので、どれが1番という順位を付けることができるものでもありません。

そして、おいしい水というのは、理想としては各家庭に供給してもらうことができれば、誰だってわざわざペットボトルで水を購入したりする必要がなくなります。しかし、現実にはそれは難しいと言えます。日本の水道水というのは安全面では問題がないと言われていますが、それでも味については都心部の集合住宅などであまり良くないと言えます。それは安全性と引き換えに、消毒や殺菌されているからだという言い方も可能です。


都心部の集合住宅などで臭いや味が悪い原因として、塩素などによる消毒があげられるのです。原水の質が悪いと、供給できる安全レベルまでにするのに消毒や殺菌をしなければいけないからです。とくに集合住宅になると、タンクにためて供給することになるので、よけいにカビやサビが発生しやすくなってしまうというわけです。さらに水道管の劣化なども味を悪くする要因の1つとして考えることもできるはずです。そういった条件が揃っていると、味の劣化は避けられないというわけです。