一戸建ては注文住宅か建売住宅か

ホームへ戻る >  大きいサイズのウェディングドレス  > 一戸建ては注文住宅か建売住宅か

一戸建ては大きく分けて2つの種類があります。ひとつはすでに建てられている物件が売られている建売住宅、もうひとつは土地を購入し、新たに家を建てるタイプです。後者の場合、設計段階から施主の希望を取り入れてもらう注文住宅が注目されています。つまり、一戸建てを購入する場合にはどちらを選択するかが非常に重要な意味を持ってくるのです。


ではどちらの方がよいのでしょうか。それぞれメリットとデメリットがありますから、正しい知識を踏まえたうえで選択する必要があります。建売住宅のメリットはやはり「すでに建物がそこにあること」。実際に目で見て、手で触れて判断することができます。そして購入したらすぐに入居できる点。引っ越しまでの時間が限られている、あるいは工事中の仮の住まいを心配する必要がありません。その一方で希望通りの間取りを見つけるのが難しい、建物が個性に欠けるといったデメリットもあります。

一方注文住宅のメリットはなんといっても好みに併せて家を建てられる点にあります。間取りや部屋の数、あるいはバリアフリーや省エネなどの設備にもこだわることが可能です。家造りに妥協したくない人にお勧めのタイプといえるでしょう。その一方で費用がかかる、工事に時間がかかるといった手間と費用の問題があります。さらに注文住宅に実績を持った建設会社を選ぶ必要もあります。事前に建物を見ることができないのもマイナス点に挙げておくべきでしょう。


こうしたメリット・デメリットを総合的に判断したうえで一戸建てを購入する必要があるのです。