注文住宅と工法の比較

ホームへ戻る >  大きいサイズのウェディングドレス  > 注文住宅と工法の比較

注文住宅を建てる場合には、設計の段階でどのような工法を使うのかを選ぶことになります。木造から鉄筋コンクリートまで様々なやり方がありますが、それぞれの建て方によってできることとできないことなどがあり、仕上がりにも違いが出てくるのです。もちろん、外観の雰囲気や、和風、洋風といったことからも選ぶことができます。ただし、予算も絡んでくる問題なので、費用のことなども含めて工務店や建築士の人と相談をしながら決めていくのがいいでしょう。

たとえば、注文住宅の魅力である自分の希望を取り入れた設計をしたいというときには、より自由度の高い工法を用いることになるでしょう。木造金物工法ならば、ある程度の強度を持ちつつ、間取りや構造などに自分の希望を取り入れて設計していくことができます。いっぽうで、2×4(ツーバイフォー)で建てる場合には、規格が決まっている部材を組み立てていくことになるので、自由度に関しては劣ってしまいます。ただし工期は短いという特徴があります。


そして、注文住宅を建てようと考えている人は、耐震性などの強度についても検討しているはずです。単純な強度を考えるならば、鉄骨や鉄筋コンクリートが優れていると言えるでしょう。ただし、木造在来法が地震ですぐに倒壊するかというとそうでもないのです。木のしなりなどによって揺れを吸収してくれる効果があるので、老朽化していなければ耐震性はあると考えていいでしょう。ただし、津波などには鉄骨や鉄筋コンクリートのほうがよいと言えます。