注文住宅と工法について

ホームへ戻る >  大きいサイズのウェディングドレス  > 注文住宅と工法について

注文住宅で家を建てようと考えている人は、工法についても知っておいたほうがいいでしょう。それぞれに特徴やメリットがあるので、どれを選ぶかは自分の好みや予算なども関係してきます。たとえば、木造の在来工法というものがあります。これは日本で古くから使われているもので、柱の上に梁をかけて骨組みを作っていくものになります。すべてが大工の手作業に近い作り方なので、自由に間取りや設計を決めていけるのが特徴だと言えるでしょう。

そして、同じ木造の注文住宅でも、2×4工法というものもあります。これは、ツーバイフォーと呼ばれているもので、壁面を使って組み立てていくものになります。横壁の4面と床・天井の2面によって形成されているため、耐震性に優れ、部屋の広さをとれるのが特徴です。また、金物を使用する工法もあります。木材のみの弱点を補強するために、ボルトなどの金物を使って強度をあげるものです。メーカーによって規格がある程度決まっていて、地震や火災などにも強さを発揮します。


ほかにも、もっと頑丈な注文住宅を頼みたいと考えている人には、鉄骨や鉄筋コンクリートでの工法があります。鉄骨というのは、ようするに木材を使っていた柱や梁を軽量鉄骨にしたものになります。より強固なものになるので、独特な形状の部屋なども設計可能になります。鉄筋コンクリートを使うと、地震や火事といった災害に絶大な強さを発揮する家が建てられます。費用や工期に余裕がある人などにはオススメだと言えるでしょう。