リウマチの検査

ホームへ戻る >  大きいサイズのウェディングドレス  > リウマチの検査

微熱が出る、関節が一時的に痛む、朝、しびれるなどの初期症状があった場合、早めに検査を受けることをおすすめします。リウマチの検査には、尿検査、便検査、血液検査、X線検査、関節液検査があります。さまざまな検査を行うことにより、どのリウマチに該当しているのか、検査していきます。この病気には、実にいろいろな種類があります。200種類以上の種類があると言われています。腕、足など部位ごとに分かれているだけではなく、膠原病や痛風などもそれに含まれています。共通するのは痛みです。関節が炎症を起こして、激しい痛みが生じます。

尿検査では、合併症や薬の副作用がないかどうか調べます。発症している場合、1つの種類だけではなく、他の種類のリウマチの併発している可能性があるためです。症状の全体像によって、治療方法も変わってきます。便検査は、便に血が混入していないかどうか調べるために行います。これにより、合併症や薬の副作用がないかどうかを調べます。 


血液検査によって、ヘモグロビン値が分かります。さらに、PEPやRAテストにより、リウマチ反応を調べることができます。血沈の有無も調べられます。X線検査は、多くの疾患の検査で行われています。リウマチの場合、合併症の有無や進行度を調べることができます。関節液検査は、関節液中の状態を調べるのに役立ちます。これによって、色や粘り気、にごり、白血球、粘り気などを調べることができます。