入れ歯と消化機能

ホームへ戻る >  賃貸は優先順位を決めて選ぶ  > 入れ歯と消化機能

入れ歯と消化機能には密接な関係がありますが、実に多くの人がその事実に気づいていません。消化機能の第一段階は胃だと思われている方も多いと思いますが、実は消化機能の第一段階は噛む段階なのです。つまり、しっかり噛まないと胃に余計な負担がかかってしまい消化不良や下痢、便秘などを起こしやすくなる可能性があります。入れ歯を入れない状態では中々物を上手く噛めないため、重要な消化機能の第一段階が機能しなくなります。そうなるとやはり人間の体の構造上問題なのです。いきなり固いものを胃に入れてしまうと消化不良で排便などでそのまま食物が出てきてしまうということが良く起きてしまいます。そうなると重要な栄養素の吸収にも大きく影響してしまいます。せっかく摂取した食物の栄養をしっかりと吸収するという点でまず噛むということが非常に重要な部分を占めるということはお分かり頂けたと思います。

入れ歯は意外にその重要な役割を認識されていません。これがあることにより、しっかりと噛むことができ、噛むことにより胃の消化機能がしっかり働き栄養素の吸収に大きく影響するのです。どうしても作るのが恥ずかしいという方もいらっしゃるかもしれませんが、ご自身の健康をしっかりと見つめ、噛む大切さをまず、認識してください。そして、食べる喜び、重要さを楽しんでください。食事の楽しさをしっかりと叶えてくれるのが入れ歯の存在だと私は思います。