矯正歯科の注意点

ホームへ戻る >  設計事務所で注文住宅をつくる  > 矯正歯科の注意点

矯正治療を受ければ、歯並びをきれいにすることができ、それに伴ったメリットはたくさんあります。しかし矯正歯科には、注意しなければ行けないこともたくさんあります。事前説明されることもあれば、後から知るというものもあるので、そのことについて知っておくようにしましょう。


矯正歯科で治療を受ける前には、虫歯などはしっかり治してからにしてください。矯正治療をするときには矯正装置を付けるのですが、この装置を付けるとその周りへのブラッシングがしづらくなります。そうすることによって虫歯の発生・悪化、歯周病などに発展しやすくなるのです。歯並びが良くなってもこういう問題が起きてしまってはいけません。

矯正歯科の治療期間は、ある程度予定を立てて行われるものですが、必ずしも予定通りに進むというわけではありません。虫歯や歯周病が起きたら矯正装置を一時的に外すことになることや、補助装置の装着時間を守らないと治療期間は延びてしまうことがあります。特殊な噛み合わせや歯並びの場合も時間がかかるので、覚えておいてください。


矯正歯科で忘れてはいけないのが、力を加えて歯並びを矯正するので、痛みを伴うこともあるということです。少しずつ力を加えていくので、本来ならそれほど気になるものではありませんが、場合によってはこのようなことも起こりえます。ある程度なら我慢した方が早く治療できますが、どうしても耐えられない場合は緩めてもらうことも可能です。早く治療したいからと言って我慢し続けても、かえってストレスが溜まりすぎるので注意しましょう。