歯医者で歯石除去

ホームへ戻る >  設計事務所で注文住宅をつくる  > 歯医者で歯石除去

歯石、と聞いてあなたが思い浮かべることはなんでしょうか。気付かないうちに歯の表面に付着してしまう、まるで石のように硬い何か。そんなイメージを持たれている方が多いことでしょう。でもどうしてできるのか、放っておくとどのような影響が出てくるものなのかということまではご存じないのでは?じつは歯石は放っておくと、口内に悪い影響を及ぼす場合があるものなんです!


歯石とは口の中に溜まった状態で放置された歯垢が、石のように硬くなったもの。歯垢が唾液中のカルシウムなどのミネラル分と結合し、歯と歯茎の境目や歯と歯の間に固まってできてしまいます。この歯石、歯垢の状態からたったの2日間で石灰化してかたまってしまうのだとか。しかも一度できてしまった歯石は、日常のブラッシングでは取り除くことができないんです。取り除くためには、歯医者でキチンとケアしてもらうことが必要になります。

この歯石は歯垢が石灰化した石のようなものなので、それ自体はそんなに害のあるものではありません。でも歯石の表面はザラザラしていて穴が開いているため、そこに雑菌が入り込んで歯茎に近いところで毒素を出し、歯茎が炎症を起こす可能性があるのです。歯茎が炎症を起こせば、当然のことながら歯に悪影響を及ぼすことになりますよね。そのため、ブラッシングで落とせない歯石は、歯医者できれいに落とす必要があるんですよ!


歯医者では、専門医や歯科衛生士がスケーラーなどの専用医療器具を使って歯石の除去を行なってくれます。口内の良い環境を保つためにも、できれば年に1~2回は歯医者で歯石除去を行なうことが望ましいと言えるでしょう。