リフォーム会社に頼む「バリアフリー編」

ホームへ戻る >  木造の特徴  > リフォーム会社に頼む「バリアフリー編」

将来を考えて、また高齢者や身体に障害を持っている方が同居する場合にバリアフリーは必要になります。高齢者や障害を抱える方は、ほんの少しの段差や勾配が生活に不自由さを与えるのです。出入り口である玄関や入り口など、車椅子の場合を想定したり、ひとりで歩く為の手すりや開閉を簡単に出来るような工夫も大事です。靴を履き替える時に座れる場所や玄関の段差を緩やかなスロープにするなども考慮しましょう。特に車椅子の場合は玄関の広さや介護してくれる人のスペースも合わせて考慮しましょう。リフォーム会社にリフォームを依頼する際はバリアフリーの施工実績などを見せてもらうとイメージがつかみやすいのではないのでしょうか。

そして高齢になると足腰が弱ってきます。屈んだり立ち上がる事が少しずつ困難になってくるのです。従って和式のトイレを洋式にリフォームする家庭も多いのです。トイレは1日に何度も使用するので重要な事です。車椅子でも入れるスペースはあるか、トイレの扉は開けやすいか、手すりや支えなどの補助は取り付けてあるか等リフォーム会社に希望を伝えましょう。また、寝室の中にトイレやバスルームを設置したり、難しい場合は一番近い場所に設置するなどの配慮も必要です。バリアフリーで改善する事が難しいのは階段の上り下りです。階段の勾配を緩やかにし、踏み板の面を広く取り、段差を改良し手すりの取り付ける等が考えられます。最近では座ったままの状態で上り下りができる昇降機「家庭用エレベーター」もあります。足腰が弱った高齢者や障害を抱える方、それに介護をする方への負担も軽減されますので一度リフォーム会社に相談してみましょう。