一戸建て物件と損害保険

ホームへ戻る >  木造の特徴  > 一戸建て物件と損害保険

一戸建一戸建て物件を購入した際には、損害保険の加入が必須になります。住宅ローンを組む時にも火災保険の加入が必須条件となります。この場合、不動産会社が紹介する損害保険に加入することが一般的のようですが、このほかにも家に付加価値を求めたいというのであれば、個人的に一戸建てに関して損害保険を加入されることをお勧めします。地震保険や、天災にも対応する保険などは任意加入ですので、できるだけ検討されることをお勧めします。


地震の被害が甚大だった地域や、浸水・津波等の被害を受けやすい地域に住まわれる場合にはできるだけ加入された方が無難でしょう。また、盗難や空き巣等の被害を防ぐために、家財保険などにも加入しましょう。家財保険に加入する前に盗難防止のための対策をあらかじめ講じておかれるとよいかもしれませんね。また、損害保険とは別に、セキュリティー会社が提供する家屋保守のシステムに加入されることでも安心です。住宅地などで死角が多い一戸建てなどは、損害保険のほかに、セキュリティーシステムの導入も検討されるとよいでしょう。

火災保険の保険料等は、あらかじめ住宅ローンの年数に合わせた金額を一括支払いするなどといった方法を取っています。このほかには2年間ないしは1年間等の契約期間を設定して加入できます。長期間の契約を結ぶことで払い込み保険料も安く上がりますので、事前に見積を取られてから契約されることをお勧めします。