不動産のユニバーサルデザインとは

ホームへ戻る >  木造の特徴  > 不動産のユニバーサルデザインとは

国際的国際的に評価されている不動産のコンセプトとである「ユニバーサルデザイン」を採用する建築が増えてきました。ユニバーサルデザインとは、不動産の機能性に特化した理念で、元々は障害者に対する配慮から生まれた建築基準だといわれています。誰もが公平に利用できること、身体的な負担を軽減し、安全性をもたらすこと、利便性に富むことなどが主たる特徴として挙げられます。「バリアフリー」の概念とは若干考え方が異なり、障害の有無に関係なく、「誰もが快適に生活できる空間」を目指してユニバーサルデザインが採用されています。

その考え方の根底には、「将来的には誰もが何らかの障害をとともに暮らさなくてはならない」という理念があります。年老いてからは、足が不自由になったり、視力が落ちたりと、障害の程度や症状に個人差が現れます。ユニバーサルデザインは万人が障害に関係なく快適な生活を送ることができるように配慮したうえで、設計がなされます。年齢、国籍、性別すら問題にしない、そんな汎用性の高い不動産を目指すのがユニバーサルデザインの目的です。


現在、ユニバーサルデザインは公共の施設にも盛んに取り入れられています。病院や学校、介護施設など、市民が快適に利用できる不動産建築に貢献しています。その利用範囲は不動産にとどまらず、埋め込み式の電柱やシャンプーのギザギザなど、日常生活に溶け込む形で普及が進んでいます。一方、ユニバーサルデザインは、車椅子で楽に移動できるフロアや、足腰に優しいお風呂の仕様など、個人の住宅にも採用が可能です。